福島県郡山で仕出し・宅配弁当ならまる山

人気のお弁当ランキングベスト3

2017年2月28日(火)まで!!

冬のまる山料理

冬のおもてなし料理。季節の商品として秋の食材を使ったお料理です。大切なお客様をおもてなししたい時、まる山のお料理使ってみてはいかがでしょう。

極上おせち

シーンに合わせてお好みをお選びください

お祝い行事パーフェクトガイド

ガイドを詳しく見る

贈り物に、まる山のギフトセットまる山のパーティーデリバリー

新着情報

2016/12/02
パーティーデリバリー商品追加しました。
2016/11/29
冬のおもてなし弁当掲載しました
2016/08/31
秋のおもてなし弁当掲載しました
2016/08/17
お子様のお祝い料理 沢山増えました
2016/07/12
まる山のお盆料理掲載しました。
2016/07/12
土用丑の日 うなぎメニュースタートしました
2016/06/01
夏のおもてなし弁当掲載しました。
2016/05/08
新パンフレット「心づくし第三章」が出来上がりました。
2016/05/08
ブログ更新しました。
2016/04/04
ゴールデンウィーク中開催のお得な情報掲載しました。

最新お客様の声

一升餅
市販のおもちで一歳のお祝いをやろうか考えていましたが、 せっかくのお祝い事だし ちゃんとしたお餅にしよう!っていう事に家族でなりました。 ただどこで 一升餅をどこで頼んでよいのか分からず、もしかしてと思ってまる山さんのHPを覗いてみたらあって 本当によかったです。 今度は他のものも注文させていただきます! *****************************************...
豪快手まり寿司を友人のお宅で頂いた際にあまりの可愛さに 笑顔になりました。 家族の誕生日に極上てまり寿司を注文しましたがこちらも ステキでした。 **************************************** 郡山市方八町I様...

その他のお客様の声はこちら

このような利用用途にお勧めです

  • 祝いの膳
  • 偲びの膳
  • 集いの膳
  • 大皿盛り
  • 折詰弁当
  • 贈り物

まる山がお客様にお手伝いできる7つのこと。

お客様にお手伝いできる7つのこと。詳しくはこちら 1.魚は全て産地直送!鮮度抜群です。2.1番食すものだからお米はこだわり会津米。3.福島で美味しさをお届けして62年の歴史。

4.徹底した御用聞き。ご要望にお応えします。5.常に本格を。器へのこだわりがあります。6.すべて手作りの安心安全をお約束いたします。7.セッティングのお手伝いもいたします。

  • スタッフブログ
  • パーティーデリバリー

配送エリア

7,000円以上のご注文で配達いたします
◆旧郡山市 ◆富田町 ◆富久山町
12,000円以上のご注文で配達いたします
◆旧郡山市 ◆富久山町 ◆安積町 ◆大槻町
◆片平町 ◆喜久田町 ◆日和田町
17,000円以上のご注文で配達いたします
◆熱海町 ◆逢瀬町 ◆田村町 ◆中田町 ◆三穂田町
30,000円以上のご注文で配達いたします
◆湖南町
  • ※郡山市外の地域についてはご相談下さい。
  • ※ご注文総額が7千円に満たない場合、配送料をいただく場合がございます。

配達エリアマップ

配達エリアの詳細はこちら

ご注文について

お弁当・オードブルのご注文は、お電話もしくはFAXにて承ります。

  • お電話でのご注文、お問い合わせはこちら
  • ファックス注文は24時間受付

◆会席膳・お刺身はご利用日2日前19:30迄にご予約をお願い致します。

◆高級弁当、お寿司、オードブル等のご予約はご利用日の前日の午前中迄受け付けております。

◆人気弁当・折詰弁当は当日のご注文も承っております。

ご注文方法の詳細はこちら

まる山のご挨拶

この度は「食菜工房 まる山」のホームページにご訪問いただき誠にありがとうございます。
当社は會津で生まれ、福島県の皆様に育てられて60余年。昭和26年、会津若松神明通りに創業。
昭和45年「まるやま食堂」(間口3間、奥行き5間、15坪/24席)が私共の食べ物業の始まりです。

お弁当イメージ

2号店の會津門田店がオープンしたのが23年後の平成5年10月でした。
お陰様で現在、福島県内に「まるやま」「かつ丸」「まる家」の屋号で8店舗と、郡山市並木の内環状線沿いに、お持帰り・宅配・仕出し専門店「食菜工房 まる山」を営業いたしております。

店内での飲食は出来ませんが、今までの経験を活かしながら、
新しく、特に「仕出し」には料理技術、今までにない商品レベルと自信を持って臨んでおります。是非、「お持ち帰り弁当」等と共に併せてご利用下さい。

ならぬものはならぬものです
  1. 一、 素材・材料を理すことが料理といい
  2. 二、 料理に価格をつけて「商品」という
  3. 三、 「 商品」に接客という感動を伴い、初めて「商い」というのである
商いにするための心構え

「万が一不良品」があっても「万が一にでも不正品」はあってはならぬ。

ページトップに戻る